HIMASU 1Be3 の使い方|そのままタバコが使えるヴェポライザーは簡単に使えます

blank

タバコがそのまま加熱式に!HIMASU 1Be3 ヴェポライザーの使い方です。

タバコが使えて簡単に使える加熱式タバコデバイス!
その使い方の詳細をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

HIMASU 1Be3の使い方・操作方法

HIMASU 1Be3 レビュー

画期的なタバコデバイス、普通のタバコが加熱式タバコになる機械です。

まずは、紙巻きタバコを用意して、HIMASU 1Be3で使うための操作が必要です。
加熱式タバコの「専用スティック」などには、予めグリセリンが塗布されています。

それが加熱されて煙(本当はミスト)が発生する仕組みです。
そのため、通常の紙巻きタバコに「グリセリン」を塗布する必要があります。

ただ、これ日本ではまだ予備が売られていないんですよね…
専用カートリッジを開けて、グリセリンを詰め替えても使えるんですが、面倒なので売って欲しいです。

HIMASU 1Be3 レビュー

HIMASU 1Be3には、専用の「フィーダー」が付属するので、簡単です。

市販の紙巻きタバコをフィーダーに差し込んで、ワンプッシュするだけ。
手軽に規定量の専用グリセリンを供給できます。

「紙巻きたばこ」は、マールボロでもメビウスでもなんでもOKです。
サイズだけ適応すれば、銘柄関わらずに使うことができません。

手間もないので、吸う前にシュッと操作するだけです。

HIMASU 1Be3 レビュー

グリセリンを塗布したら、HIMASU 1Be3の底からタバコをセットします。

HIMASU 1Be3 レビュー

タバコをセットしたら、後はデバイスを操作して吸うだけです。

HIMASU 1Be3の使い方は以下の通りです。

  1. 横のスライドボタンを一番下に下げる
  2. タバコを準備してセットする
  3. スライドボタンを一番上まで上げて、マウスピースを出す。
  4. 電源ボタンを長押しで加熱開始する。(バイブレーター作動)
  5. 予熱完了でLEDライト点灯(バイブレーター作動)
  6. 3分30秒の間、吸引することができる
  7. 喫煙終了直前にバイブレーター作動
  8. 途中終了は電源ボタン長押し
  • 加熱モード変更… ボタンを5回連続で押す(5クリック)

HIMASU 1Be3 レビュー

クリーニング用ブラシはフィーダーに仕込まれていますから、デバイスが汚れたらクリーニングします。クリーニング時は側面のスライドスイッチを操作します。

まとめ

準備はこれだけ!一手間ですが、非常に簡単ですよね!

慣れれば苦もなく準備できると思います。

 

コメント