【スターターキット】Juppi Starter Kit (Kangertech カンガーテック) レビュー

スポンサーリンク
べプログショップ
この記事は 約4分で読めます。

kangertech_juppi-kit_01

以前レビューしたリウィッキング可能なクリアロマイザー、Juppi TankをマウントしたスターターキッドがこのJuppi Sterter Kit。

クリアロマイザーを搭載しながら、タンク部分の高さ分を吸収する為に本体がこの高さ分低くなって全高を抑える仕様になっています。

 

スポンサーリンク

Juppi Sterter Kitのパッケージ、開封

パッケージです。

kangertech_juppi-kit_02

シンプルなデザイン。kangertechのパッケージデザインはこのようなデザインが多いですね。

kangertech_juppi-kit_03 kangertech_juppi-kit_04 kangertech_juppi-kit_05

付属品です。

・Juppi TC75W BOX MOD本体
・Juppi Tankクリアロマイザー本体
・USBケーブル
・クリアリロマイザー予備パッキン
・説明書(英語)

 

 

Juppi Sterter Kitの詳細

詳細を見ていきましょう。

kangertech_juppi-kit_06

まずはアトマイザーをセットした写真から。今回はホワイトカラーを提供してもらいました。

半艶塗装のボディでそこまで安っぽさは感じません。

重量感は重くもなく軽くもなくな印象です。

 

クリアロマイザー Juppi Tankの詳細

Juppi Tankの詳細です。

kangertech_juppi-kit_07

ホワイトカラーのアトマイザーですが、白いのはベースパーツのみで、トップパーツは樹脂製の為ブラックカラーになります。パッキン類が黒いのでこの方が統一感があって良いかもしれません。

スペックです。

Kangertech Juppi Tank のスペック

容量3ml
直径22mm
全長44mm
本体部のみ 510スレッド含まず
ネジタイプ510
ドリップチップ510
コイルプリメイド交換式
リキッドチャージトップフィル
エアフローボトムエアーフロー 調整不可
素材ステンレス、ガラス
Silver,Black,White

・カンタルノッチコイルはリウィッキング可能

kangertech_juppi-kit_08

詳細は以前レビューしていますのでそちらをご覧ください。

 

BOX MOD Juppi TC75Wの詳細

MODの詳細です。

kangertech_juppi-kit_09

ホワイトボディのMODです。写真の通り安っぽさは感じません。

半艶塗装で、角度によって若干パールっぽい印象も受けるカラーになっています。

 

スペックです

Juppi TC75W BOX MODのスペック

サイズH 85×W48×D22mm
ワット数範囲7 – 75W
温度範囲200 – 600F/ 100 – 300℃
抵抗値0.1-2.5ohm
モードVW /温度-Ti系/温度-Ni系/温度-SS/温度-ニクロム
スレッド510
充電ポートUSB
バッテリー18650(別売り)
カラーBlack , White , White

大体、最近kangertechがリリースしているMOD共通のスペックになっています。マニュアルTCRに対応しないのが惜しい所ですね。

 

さて、外見の詳細を見ていきましょう。

kangertech_juppi-kit_10

それもボディ中央部がへこんでいるので、親指でホールド出来なくとも、人差し指と中指でくぼみをホールドできるからですね。悪くないです。

サブボタン(+,-)と液晶画面、USB端子はMOD前面に配置されています。

kangertech_juppi-kit_14

メインパフボタンはサイドボタン。黒い樹脂製のボタンになっていますが押しづらさは感じません。

 

そして、上から見てみると、

kangertech_juppi-kit_13

一段下った所に510スレッドがあります。コンタクトはスプリング式です。

この部分の使用のため、アトマイザはー22mm径までしか対応しません。

全体的な高さを抑えるための割り切った仕様になっています。

 

底面は

kangertech_juppi-kit_12   つるっとして特に何もありませんが、プリントが入っています。

横の方にはバッテリーカバーを開ける際に爪をかけるくぼみがあります。

 

バッテリーカバーはこのようになっています。

kangertech_juppi-kit_11

背面にはベントホールが設けられています。

 

バッテリーカバーはマグネット式なので

kangertech_juppi-kit_15

底面のくぼみに爪などを引っ掛けて開けることが出来ます。

着脱が非常に簡単です。

 

使用する際には

kangertech_juppi-kit_16

別途18650バッテリーを一本用意する必要があります。

用意したバッテリーを内部表示の+,-表示を間違えないよう挿入します。

 

電源on/offは5クリックです。

kangertech_juppi-kit_17

液晶表示の下面が切れたような表示になっていますが、これは写真のせいではなく仕様です。

この辺、なんとかしてほしいですね。スッキリしません。

 

モードは標準のVWモードの他に

kangertech_juppi-kit_18

4モードあります。モード切替は3クリックで次のモードへ切り替わるようになっています。

温度管理時のワッテージは75W固定です。

 

 

Juppi Sterter Kitのまとめ

付属のクリアロマイザーJuppi Tankのまとめは以前書いたため、今回はMOD本体をメインに書いていこうと思います。

VWで使用している分には何も問題ありません。

アトマイザー分の高さを吸収するために高さが抑えられるのも、22m径のアトマイザーしか使えないということを納得できれば良いと思います。

kangertech_juppi-kit_22 kangertech_juppi-kit_23

コストパフォーマンスに優れ、優れた外見と仕上がり、そして多機能というスターターキットではありません。

機能では完全に劣っています。

と書くといいところがないように思えますが、VAPEは趣味趣向。

このルックスや全長を抑える仕様、軽すぎない剛性感のあるボディにも十分魅力があると思います。

また、多機能過ぎないシンプルな操作系も操作を迷うことがないと思います。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    juppi買ったけど液晶切れてないです。
    個体差では?

    • Hiro より:

      こんばんは!

      個体差の可能性もありますね。
      いずれにせよ品質管理はそれなりのようですね。

      このような個体がることも承知の上で購入するのが良いと思います。