HiLIQ

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

DESIRE(デザイア) のRDAアトマイザー、YURI RDA「ユーリRDA」のレビューです。

この製品はかなり前にリリースされており、「何を今更?」なレビューですが、今になってもSNS等で美味しいとの評判を散見するため、その実力を体感してみたい!とGearBestさんにリクエストして提供してもらいました!

基本的にはデュアルコイル前提のベイプですが、特殊なシングルコイルビルドで美味しい!との噂もあるため、その噂のビルドも実践してみようと思います。

それでは、早速レビューしていきます!

商品提供:GearBest

DESIRE YURI RDAのパッケージと開封

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

タッパウエアのようなプラスチックパッケージの中の、スポンジに保護され入っているのは本体と付属品。付属品は

  • YURI RDAアトマイザー本体
  • ステッカー(パッケージジャケット)
  • ワイドボアスラムキャップ
  • ビルド用六角レンチ
  • 予備パーツ一式

DESIRE YURI RDAの詳細

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

YURI RDAはデュアル/シングルに対応したベイプ用RDAアトマイザーになります。RDAとは、rebuildable dripper atomizerの略で、RTAがタンクと呼ばれるリキッド保持層を持つのに対し、RDAは吸う時にリキッドをドリップチップからDrip(滴下)して使用するタイプのアトマイザーになります。
本機はマスプロと呼ばれる大量生産でコストパフォーマンに優れながら、皆に広く「美味しい」機種として知られているアトマイザーになります。

YURI RDAのスペック

直径 22mm
ネジタイプ 510
ドリップチップ 専用ワイドボア/510ドリップチップ
コイル RBA デュアルコイル/シングルコイル
エアフロー サイドエアーフロー
素材 ステンレス
Silver


【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

好みはありますが、仕上がりはそれなりで、デザインはシンプル。22mm径という汎用性の高い直径と、背の低いショートタイプであることから使い勝手やMODとのマッチングも良さそうな印象を受けます。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

本体の全長は510スレッドを除いて、510ドリップチップをつけた場合が31.7mm、スラムキャップを付けた場合は28.66mmとショートトールサイズのドリッピングアトマイザーです。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

分解してみると、デッキ/スリーブ/トップキャプ/ドリップチップからなるパーツ構成です。純粋なRDAの為、パーツ点数はかなり少なめです。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

付属のドリップチップは樹脂製のブラックカラーもの。アトマイザーからの熱を唇に伝えないようになっています。内径は最も狭い部分で5.5mm。そこから吸口に向かって広がるデザインになっています。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

510ドリップチップの他に、ワイドボアDTとトップキャップが一体になったスラムキャップも付属します。510用のトップキャップと比べると、スラムキャップの方は吸口に向けてなだらかにテーパーした背面構造になっています。ちなみに内径は10mm程度です。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

さて、次にスリーブです。スリーブには3つのエアホールが開いていて、シングルコイル/デュアルコイルどちらにも対応しています。が、リデューサーは付属しておらず、ミスト発生部の空間は埋めることが出来ないため、基本的には両側のエアホールを開けて運用するのが良さそうです。このエアホールの飽き具合は、スリーブを回すことで無段階で調整することが出来ます。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

デッキは今やスタンダートとなった、ベロシティタイプの2ポール4スレッドデッキ。ワイヤー固定のイモネジは、上部が縦に締めるタイプ、下部が横に締めるタイプになっています。デッキのジュースウェルはかなり深く、かなり多くのジュースを保持できそうです。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

ポジティブピンはデッキ固定兼用なので調整は不可です。

DESIRE YURI RDAをビルドして使ってみる

デッキを見て、そして、ビルドしない状態で空吸いしてみて、そこまでドローが軽くないことから、初ビルドはカンタル26Gのデュアルでやってみようと思います。このセレクトは完全に個人的趣向によるものなので、自分なりの方程式を見つけるのも楽しい作業だと思います。
エアホールから上がってくる空気は、デッキの斜めの部分にあたって、斜め上に上がってくるので、そこからコイルボトムを舐めるような位置にビルドすることにしました。
コイルの立ち上がりも重視して6ラップ、内径は2.5mmで巻いています。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

ウィッキングはFiberFreaksコットンブレンドで、ふわふわにつめてみました。
これで一度吸ってみましたが、これで相当美味しいです。
ドリップチップ直下から離れた位置にこいるがあるせいか、ダイレクトさにはかけますが、コイルから吸口までが遠いのと、コイルの熱量が底まで無いためか、充分に冷えた細かいミストが口の中に広がります。
フレーバーの再現度もそれなりで、評判通り中々良いアトマイザーだな、というのがファーストインプレッションです。

次に、話題のシングルビルドを試してみることにしました。
そのビルドは、ベロシティのポール感にシングルコイルを設置してしまうというもの。SNSに投稿されている写真を見てみると、クラプトンワイヤーを用いていることが多いので、僕もクラプトンで巻いてみます。内径は2.5mm。最初3mmで巻いたところ、ポールに干渉しそうだったので巻き直しました。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

不慣れなもので…メチャクチャ不細工なビルドです。正直デュアルのほうが巻きやすいよ…
ウィックは同じくFiberDreaksCottonBrendです。
確かにこれでも美味いですね。慣れれば楽に巻けそうです。
コイル位置はもう少し上部に設置しても良かったと思い、少し上に修正しましたが、味の出方に大差はありませんでした。
僕の好み的には、クラプトンだと少々ミストがうるさいかな?と印象。
ただし、これでも充分味は乗ります。楽で美味しいビルドですね。

さて、2回ビルドしてみて考えます。僕の好みに近づけるには。
ダイレクトで口の中にリキッドが飛び込んでくるようなビルド。
ということでコイル位置を中央寄りに、かなり上部に設置することにしました。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

いつも3ポールか2ポールで巻いているのでかなり不細工です。不慣れです。
ベロシティって安直に巻くには楽だけど、コイル位置の微調整に向いていないような気がします、と下手くそビルドの言い訳をしてみます。

この後更に試行錯誤を繰り返して現在ではこのコイル位置取りも更に上にコイル位置を調整しています。そして、結果としては、極めて自分の好みに近づきました。最初の上品なミストから、ダイレクトで甘さが凝縮されたミストの方向へと変化。フレーバーの再現度もかなりのレベルです。

特にベリーウェットで味が濃く、リキッドが口の中に残るようなミスト。

僕好みの味です。これは非常に美味しい。

調整幅が広いのでビルドは試行錯誤が必要ですが、自分好みの味に近づけることができるアトマイザーだと思います。

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

そして、使ってみて便利だな、と思ったのはトップキャップが着脱できて、トップキャップのスリットにつめが引っ掛けられるスリッドが掘ってあるので、デッキの確認がすごく楽なこと。
僕はリキチャをドリップチップからしてしまうので頻繁に開閉はしませんが、これはかなり気に入った仕様です。

ドローはかなりタイトドローから、そこそこ軽いドローまで行けますが、僕は基本的に全開で使用します。爆煙好きにとっては物足りなく、タイトドロー好きには軽いという中途半端なドローですが、僕にはピッタリのドローでした。丁度よい!

DESIRE YURI RDAのまとめ

【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー 【アトマイザー】YURI RDA「ユーリRDA」 (DESIRE/デザイア) レビュー

使ってみて、ビルドしてみて非常にコスパに優れたアトマイザーだな、と思いました。
提供先の価格を見てびっくり!この価格の味じゃないよ、というのが率直な感想です。

運用性も悪くないですよね。ドリップチップからたばたばドリップしても深いジュースウェルが保持してくれますからね!

安直に美味い種類ではないけれども、考えて組んで、美味しかったら楽しいじゃないですか!

万人におすすめできるアトマイザーではないけれども、過程も楽しみたい!ビルドのスキルを上げたいステップアップVAPORには是非!

失敗しても惜しくない価格なので、デュアルコイルRBA入門者にも良いと思います!!

通販はこちら!!

Desire Yuri RDA [ GEAR BEST ]

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク