【Lazarus Vintage 7 Wonders Journey リキッドレビュー】ラザロヴィンテージ セブンワンダー・ジャーニー

【リキッド】7 Wonders Journey「セブンワンダー・ジャーニー」 (Lazarus Vintage/ラザロヴィンテージ) レビュー

Lazarus Vintage(ラザロヴィンテージ)のリキッド、7 Wonders Journey「セブンワンダー・ジャーニー」のレビューです。

Journey(ジャーニー)は”旅” 世界の七不思議を周る旅をモチーフに。
個人的にはアメリカのロックバンドの名前のイメージしかありません。どうでもいいですねw

Lazarus Vintageのリキッドは上品で味わい深いものが多いですが、このリキッドは?
早速レビューしていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Lazarus Vintage Journeyの詳細

【リキッド】7 Wonders Journey「セブンワンダー・ジャーニー」 (Lazarus Vintage/ラザロヴィンテージ) レビュー

メーカーの公式サイトの情報から見てみます。

Rolled in cognac and glazed with buttermilk, this warm and sweet flavor is reserved for only the most exclusive cigars of the world. Maser Chef Bruce has emboldened the essence of this flavor into a stately and smooth aromatic flavor that amazes and inspires all who taste the wealth of the Journey experience.

Lazarus Vintage公式サイトより

直訳

コニャックとバターミルクの風味をもつ、この温かく甘いフレーバーは最高の高級葉巻のためだけにあるようなものです。 マスターシェフのブルースは、この味の本質を、旅の経験の豊かさを味わうすべての人を驚かせ、鼓舞する、品格が高いスムーズな香り豊かなフレーバーになるよう大胆にしました。

Lazarus Vintageの商品説明は多分すごく美味しそうに表現していると思うんですが、若干わかりにくいです。ざっくりいうと、コニャック(ブランデー)とバターミルクのフレーバー。

ラインナップには15ml,30ml,60ml,120mlのサイズがあり、気に入ったら大容量ボトルを選択することができます。どのパッケージもスポイトボトルになっていて、キャップにはチャイルドプルーフ機能付きです。

【リキッド】7 Wonders Journey「セブンワンダー・ジャーニー」 (Lazarus Vintage/ラザロヴィンテージ) レビュー 【リキッド】7 Wonders Journey「セブンワンダー・ジャーニー」 (Lazarus Vintage/ラザロヴィンテージ) レビュー

Journeyを吸ってみました。

まずは香り。グリセリンの甘い香りに混じって若干ミルク感のある香り。そして、アルコール系飲料の香りもほのかに感じます。

吸います。

すごく上品。あー難しい。Lazarus Vintageのリキッド、味がくっきりはっきりではないから文章にするのがすごく難しい。個人的な感想でいうと、今までレビューしたLazarus Vintageのリキッドの中で一番好きです。

甘さはスッキリしていて控えめ。ミスト吸い込んだ瞬間から香り高い香り。後味にかけてはミルク系何ですが、よくリキッドで感じる乳臭さとは程遠い、上品なミルクっぽさ。

この上品で複雑なフレーバーはコニャックのオーク樽着香系なのか。そもそも下戸なのでコニャックを飲んだことがないのが致命的。アルコール感は全く感じないのでお酒系が苦手な人でもいけそう。

ウッド系の香り、バーボン系の美味しさ、ミルクの濃厚さ、全体を包むほのかな甘味がうまく調和していて複雑な味になっています。

ごめんなさい、すごく取り止めもない文章になってしまいました。
すごく上品な上に、複雑で美味しいんですが、文字で表現できない。。。

基本的にわかりやすくて、味濃い、甘いリキッドが好きな僕ですが、これは美味しいと思う。
一度試してもらいたいリキッドの一つです。

コメント