【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

GeekVape(ギークベイプ) のドリッピングアトマイザー、Peerless RDA「ペアレス」のレビューです。

24mmサイズのRDAです。コストパフォーマンスに優れた爆煙機。24mmサイズが多くリリースされている今、サイズ的には大きいと言えなくなってきています。爆煙、クラウドチェイスも楽しみたい!ダイレクトラング向けのデュアルコイルRDAを探している人は気になる存在ではないでしょうか。

廉価なのにルックスにも拘っている印象ですよね!

それでは、早速レビューしていきます。

商品提供:Everzon

GeekVape Peerless RDAのパッケージと内容品

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

プラスチックケースのパッケージで、背面には内容物の記載と、偽造防止のスクラッチ式コード入りステッカーが添付してあります。内容物は、

  • GeekVape Peerless RDAアトマイザー本体
  • ハーフインチドリップチップ用トップキャップ
  • スペアパーツ一式
  • BFピン
  • ビルドツール
  • ユーザーマニュアル

GeekVape Peerless RDAの詳細

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

GeekVape Peerless RDAは爆煙向けのRDA、自分でワイヤーからコイルを制作して楽しむタイプのアトマイザーです。エアフローはシングルフローにも対応していますが、リデューサーが付属しないので、基本的にはデュアルコイルユースに向いたアトマイザーになります。

GeekVape Peerless RDAのスペック

直径 24mm
高さ 32mm(510スレッド除く)
ネジタイプ 510
ドリップチップ 専用ワイドボア/ハーフインチDT
コイル RBA デュアルコイル/シングルコイル
エアフロー サイドエアーフロー
素材 ステンレス
Gold , Magenta , Blue , Black , Silver

GeekVape公式サイトより

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

サイズは公称サイズに近い32.38mm(実寸)となっています。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

まずは本体を分解してみます。デッキ/スリーブ/トップキャップの3ピース構造。RDAなのでパーツ点数は少なめです。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

エアフロー調整も兼用のトップキャップ一体型ドリップチップは、ワイドボアのスラムキャップと、ハーフインチドリップチップが交換可能なもの2種類が付属します。このトップキャップを回すことでエアフローの調整が可能になっています。どちらのトップキャップも裏面の構造は同様にドーム型になっています。
欲を言えばハーフインチ対応のトップキャップもボディー同色だったらなおのこと良かったですね。ルックス的にはウルテム的なカラーのスラムキャップのほうが良く見えます。

このキャップですがシングルエアホールにも対応しています。片側だけ開く運用が可能。リデューサーで空間が塞げると尚更良かったと思います。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

デッキは2ポール4スレッドの変形デッキ。ビルドの項目でも触れていますが、中央寄りのポールには2箇所ワイヤーをクランプできるポイントがあります。これはすごく考えられたデザインで、コイルレッグを考慮して高さを変えることでビルドをしやすくしているのと同時に、太いワイヤーにも対応しています。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

ポジティブピンはデッキ固定兼用で調整不可になっています。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

BFピンも付属するので、ボトムフィーダー(スコンカー)にも対応しています。この構造の良い点はBFピンに交換するとデッキからかなり出っ張った位置にリキッドが出てくるポイントがある為、デッキからBFボトルにリキッドが戻りづらく、ボトルのリキッドが汚れづらい。そして、BF運用時でもデッキになみなみとリキッドを保持できる点です。

GeekVape Peerless RDAをビルドして使ってみる

早速ビルドしていきます。デッキには2種類のイモネジが使用されていて、ビルドツールにも2種類の大きさの六角レンチがあるので、サイズが違うかと思いきや、どちらも同じ大きさの六角レンチが適合します。ツールは汎用品ですね。

デッキとキャップを見ながら暫く考えましたが、変わったビルドやクラプトンを用いてしまうとアトマイザー自体の性能の評価がわかりにくいのでいつも通り単線でビルドしてきます。

用いたのはカンタル24ゲージ。巻き径は3.5mmで6ラップにしてみました。

中央寄りのポストには上下の穴があります。この穴、上の方は細いワイヤーを、下の方にはより太いワイヤーを挟み込むことが出来ます。今回用いた24ゲージワイヤーは上の方を用いて余裕で挟み込む事ができました。

最初中央の2つのイモネジだけで2つのコイルのワイヤーレッグ4本がクランプ可能かと思いましたが、うまく挟まないと下側を咥えてくれず、咥えてくれても不安定だったので、当たり前ですがサイドの2つのイモネジも使用しました。

上の方を用いるとコイルレッグの関係で非常に楽にビルドすることが出来ます。このデッキ構造はよく考えられているな、と素直に思えました。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

ウィックにはFiberFreaksコットンブレンドを用います。ウィックの量は若干少なめで、ドーム形状になっているトップキャップに合わせてシルキーにミストを発生してくれるようにウィッキングしました。コイル位置は若干高めに設置し、コイルのボトムからエアーが抜けていくようなイメージの高さに設置しました。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

ビルドが済んだ所で使ってみます。

24mmという大口径サイズ、ワイドボアドリップチップ。そのルックスに似合わないシルキーなミストを発生してくれます。味も中々出てくれます。

個人的な趣向で言えばもっとダイレクトに飛び込んでくるミストのほうが好きですが、こういうミストも悪くないなーと思えますし、リキッドによって使い分けることもできるのでバリエーションとして保持していても良いなーと思えるアトマイザーです。

今回のビルドではエアフローは1つ穴分、縦に3つ開けて丁度よい印象。ドローはそこまで軽くなく、ダイレクトラングで若干抵抗を感じながら吸うことが出来ました。また、ミスト発生空間的にはかなり余裕があるので、クラプトンコイルなど質量があるワイヤーを用いることもできるでしょう。ドローは全開にするとかなりスカスカになります。

味やミストの質感も良い印象ですが、デッキ構造からビルドが大変楽なのが印象的です。このデッキ構造だと、ビルド後にコイル位置の調整を繰り返してもレッグやコイル自体が汚くなりづらく感じます。

そしてリキッドウェルも深く、かなりの量のリキッドを保持できます。そして、エアフロー位置が高いので、ビタビタにリキッドをドリップしても漏れづらいのも運用上良いですね!

BFで運用する際にもBFピンから出てくるのがデッキそこではないので、リキッドがボトルまで戻って行きづらいのも良い点です。

GeekVape Peerless RDAのまとめ

まず見た目が良いですね!コストパフォーマンスに優れながら見た目にも拘っています。

カラーバリエーションが多いのも嬉しいポイントで、自分のお気に入りのカラーセットアップをチョイスすることが出来ます。

機能面でも調整範囲の広いエアフロー、ビルドしやすいデッキ、保持量の多いジュースウェル。BFにも対応していて、味もよく質感の高いミストを楽しめます。

悪いところが思い浮かばないですね!

あ、一点。ハーフインチ用のトップキャップが黒い樹脂製な点だけでしょうか。これもボディー同色など拘ってくれればなおのこと良かった。僕的にはこのウルテムっぽい樹脂のスラムキャップで満足はしています。ルックスいいですからね。

【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー 【アトマイザー】Peerless RDA「ペアレス」 (GeekVape/ギークベイプ) レビュー

構造、性能は良いので後は見た目ではないでしょうか!

もちろんタバコ吸い(口吸い、MTL)には向かないアトマイザーです。直肺(ダイレクトラング、DL)用のRDAを探していて、24mmサイズも問題がなく、ミスト量ほどほどから爆煙、クラウドチェイスにも対応するアトマイザーを探している人はチェックして見てください!

通販はこちら!

その他販売店情報

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク