【テクニカルMOD】Rialu (LASH CREATIVE)レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 62

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

こんにちは、HIROです。

以前、初めてのハンドメイド系MOD STORMBOX MK2 でちょっとした失敗を経験しながら、

カッコいいMODが無いか探していた所、見つけてしまいました!!

Rialu (LASH CREATIVE)です!!

以前購入したdani box(dicodes) の温度管理が良すぎて、他のMODが使用出来ないボクですが、なんとこのMOD、全く同じ基盤が入っているのです!!

コレは買わねばと、Modderさんにオーダーして待つこと3週間、やっと届きましたのでレビューしていきましょう!!

スペック

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

・dicodes基盤 スペック的にはdani boxと同一
・18650バッテリー使用。
・dani box(dixodes)のサイズ79×48×24mmより19mmだけ背の高いボディ。
・ビレットパーツ、カーボンを使用したハンドメイドボディ。

開封してみる

こんな貼り箱に入って届きます。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

貼り箱の周りには緩衝材はなく、この貼り箱もMODを守るものという認識で発送を行っているようです。

ただ、この箱も綺麗なまま到着しましたので良かったです。

開けます。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

紙の緩衝材に厳重に包まれています。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

緩衝材から出すと、布製の巾着袋が入っています。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

巾着袋の中にMODが入っていました。

今巾着袋は普通のクオリティの巾着袋なので、持ち歩きの際に入れておくにはチョット…という感じで、完全に輸送の際にMODを保護するものだと思います。

詳細

詳細を見ていきましょう。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

ボクがオーダーしたものはカーボンを使用したもの。

ステンレスの塊から削りだされた各パーツとのマッチングもよく、男の秘密道具的な雰囲気です。

スタビライズドウッドなどを使った、エレガントなMODは数多く散見できますが、

無骨であったり、このMODのようにバイクやクルマと相性の良いデザインのMODは数少なくボク的にこれがツボです。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

上部にはアトマイザーを載せる510スレットと、本体操作を行うサブボタン2つが配置されています。

ボディー部分には

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

パフボタン(メインスイッチ)と液晶部分が配置されています。

液晶部分はステンレスの枠でデコレートされており、内部が拡大表示されるようにレンズのようなものが配置され、視認性は抜群です。

パフボタンも

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

本体デザインに合わせたスチール仕上げのもの。

押し心地は普通のスイッチといった感じで、高級感はないですが、パコパコしたり、チープさも感じません。

サブボタン部分も見てみましょう。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

サークルの中に2つ見えるスイッチがサブボタン。

押しにくいかな?と思っていましたが、そんなこともなく、普通に使いやすいスイッチです。

510スレットは

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

スプリング式です。ちょっと錆びて見えるんですが、そんなことはありませんね。

恐らく素材は銅製でしょう。

底部分を見てみましょう。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

マイナススレットが切られたパーツが付いている方が、バッテリー収納部。

蓋はローレット加工が施されているので、薄いパーツながら、工具が必要だとは感じません。

ビレットパーツならではの感触と質感で上々のしあがりですね!

サイズ比較

軽くサイズ比較してみます。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

右からiStick Pico,dani boxです。サイズ的にはdani boxを2cm弱長くしたのみでその他のサイズは大差がありません。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

ですが、一回り大きく感じますね、長いだけなんですが。

重さもdani boxより30g程度重いんですが、重い!とは感じません。

逆にdani boxの方が「詰まってる感」があり重みを感じます。

これは容積に対する重量比率が高いせいだと思います。

使ってみる

早速使用してみます。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

底部の蓋をネジって開き、中に18650バッテリーを1本入れます。

ポジティブは上側なので間違えないようにして下さい。

操作方法ですが

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

dani boxと全く一緒なので割愛します。

全く一緒ということは、同じように美味しいということ。

dicodes基盤での運用性の良さ、ミストの美味しさを経験してしまうと他のMODが使用できないほどです。

そして、dani boxと異なるのは

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

液晶表示が大きいこと。そして、表示項目が多いこと。

上左からコイル温度、ワッテージ、バッテリー残量、下段左からコイル素材、コイル抵抗値、ボルテージ

6系統表示され、dani boxでの不満点の一つであった、表示情報の少なさが解消できました。

※dani boxよりも2系統、温度管理モードで、コイル温度とバッテリー残量を追加表示

アトマイザーを乗せてみます。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

アトマイザーはNectar Micro Steelです。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

まとめ

如何でしたでしょうか!?

スペック的にはdani boxと同じです。

実用的、コスト的に考えたら、dani boxを買ったほうが幸せになれます。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

でも、

めちゃくちゃかっこいい!!欲しい!!

と感じたら、買いです!

ビレットパーツや作りの良さ、手間とコストがかかっているMODです。

マスプロにはない良さを感じたら、こういう凝ったMODを手に入れる時期なのかもしれませんね。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

全体的に加工精度が高く、金属の質感も良いです。

デザイン的には上品ですが、カーボン素材ではずして、高級感がありながら、カジュアルにも使えるMODですね!

個人的にはスタビMODは良いのですが、ボク自身、仕事も私服で、いつもジーンズにTシャツなので、似合わないと思っており、こういうテイストのMODが増えると良いのにな、と思っています。

それでなくても、ミッドセンチュリーテイストだったり、レトロだったり。素材ありきでなく、デザインありきのMODが増えると良いですね。

【テクニカルMOD】「Dani Box」(dicodes)レビュー

購入するには?

LASH CREATIVE公式ページ

This is the home of Lash Creative, hand made, high end vaping devices.

価格はボクが買った時は430ユーロ(63000円程度)でした。

公式ページで購入できるMODもありますが、基本的にこのMODはfacebookのリスト販売になります。

いつでも購入できるものではなく、Modderさんが、購入者募集しますよーとfacebookで告知しないと購入できません。

告知されたら、一定期間購入者を募集しますので、申し込むと数週間で製作してくれます。

投稿者プロフィール

Hiro
Hiroブログ管理人
電子タバコにハマり、散財を続ける当ブログの管理人。

元々カスタマイズすることが好きなため、ガジェットとしても楽しむことができるVAPEに深くのめり込む。まだまだ初心者、日々勉強中です!
スポンサーリンク
ブログ村ランキング


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする