【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 62

ルックスとコンパクトさから気になっていた小型BOX MODスターターキッド

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

JoyetechのeVic BASICテクニカルMODとCUBIS Pro Miniクリアロマイザーのスターターキッドです。

自分がVAPEをはじめる前に爆発的に流行ったeVicシリーズの後継機で自分は今まで使ったことはなかったのですが、使ってみて流行った理由がわかりました。

初めての1台としてもオススメできる商品です!!

今回の商品はベプログshopさんから提供してもらいました。

いつも提供いただきありがとうございます!

早速見ていきましょう!

eVic-Basicのパッケージ

パッケージを開封していきましょう。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

付属品は

・eVIC BASIC本体
・CUBIS Pro Miniクリアロマイザー本体
・BF SS316コイル0.5Ω
・LVC Claptonコイル 1.5Ω
・microUSBケーブル
・マニュアル(英語)
・警告文ニュアル
・ワランティーカード

eVic-Basic Kitの詳細

全体の印象のインプレッションですが

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

非常に良い仕上がりですね。

ヘアラインが美しい仕上がりです。そしてちっさいです!!

これアトマイザーが大きく見えますがアトマイザーは標準、いやかなり背も小さいのでコンパクトなアトマイザーです。

それだけ本体が小さいのです。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

アトマイザーとMODの金属の質感、色があっていれば完璧でしたね。

まぁそのへんは許容範囲でしょう。

MOD eVic BASICの詳細

さて、MODの詳細です。

このスターターキッドの他にも本体のみの販売もあるのでMODだけ欲しい場合はそちらを検討すると良いでしょう。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

スペックですがフルサイズ版のeVic VTwo Miniと比較してみましょう

本機 eVIC BASIC eVic VTwo Mini
可変ワット数 1-40W 1-75W
温度制御範囲 200-600℉(100-315℃) 同様
モード  RTC/VW/VT(Ti, Ni, SS316)/Bypass/TCR modes 同様
標準対応抵抗値 0.1-3.5ohm 同様
バッテリー容量 1500mAh 18650別売バッテリー
サイズ 22 x 32 x 55 mm 22.2 x 38.2 x 82mm

違いは可変ワット数、バッテリー容量、サイズ。後はバッテリー内蔵か交換式かの違いでほぼフル機能が使える小型MODということがわかります。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

ヘアライン仕上げが美しい本体。本体にはJoyetechのロゴが入ります。

ロゴは背面にしてくれると個人的には嬉しいです。

上部を見てみます。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

上部もシンプルなデザインで510スレットが設けられているのみです。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

コンタクトピンはスプリング式。

底部ですが、

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

ベントホールとサブボタンが設けられています。

サイズから押しづらさは否めませんがクリック感はしっかりしており問題ない印象です。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

サイドにはmicroUSBポート(充電およびファームウエアアップデート用)とパフボタン。

パフボタンは大きさ的にも問題がなく、クリック感も気持ち良い印象です。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

さて、ざっくり使い方を解説していきます。

詳細な操作方法はJoyetechの公式サイトより、eVicBasicのページを見て下さい。

電源on/offはパフボタン5クリックです。

KeyLockはサブボタン2つを同時押し。

モード切替は電源on状態でパフボタン3クリック後、サブボタンで操作します。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

本体右側のサブボタンでモード切替できます。上の写真はVWモード。このあとBYPASSモードをはさみ、

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビューVWモードの液晶表示違い。時計を表示させながらVWと使いたいというニーズですね。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

もう1クリックすると温度管理モード。今度は左側のサブボタンをクリックするとこのモード内でカーソルが動くので管理するワイヤーの種類やPWR(ワット数)などを変更することができます。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

さらにもうワンモード。

マニュアルTCRモードもあります。Ni,Ti,SS316の温度管理モード意外の温度管理ワイヤーを使用して温度管理したい場合は、そのワイヤー固有の値を入力し温度管理を行うことができます。マニュアルTCRのプリセットは3つまで設定することができます。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

番外編ですが、電源onのまま放置するとしばらく時計表示が続きその後スリープ状態になります。

アトマイザー CUBIS Pro Miniの詳細

こちらも単体販売もされているクリアロマイザーCUBIS Pro Miniです。

構造的に漏れないため経験を問わず重宝するシチュエーションが想像できるアトマイザーですね。

しかもガラスタンクを設けてリキッド量を確認できながら外装は金属で守るという破損などに強い設計です。

JoyetechはeGo AIO[レビュー記事]でも似たような構造でしたが利便性や実用性にフォーカスした製品が多い印象です。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

CUBIS Pro Miniのスペック

直径 22mm
全長 21mm
※ドリップチップ、510スレット含まず。
リキッド容量 2ml
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510
コイル 交換式
かなりバリエーション豊富です
詳細はJoyetechのサイトから。
エアフロー トップフロー
リキッドチャージ トップ
素材  ステンレス、パイレックスガラス

漏れない事を優先すると必然的にトップフローという構造になるわけですが、味を優先させるとコイルに直接エアーが当たるボトムフローのほうが優れていると言われています。

味はどうなのか。詳細を見ていきましょう。

早速バラします。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー 【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

パーツ数はこのような感じで少ない印象です。

タンクが非分解でパーツ点数を減らしている印象です。

さて、ドリップチップから見ていきましょう。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

金属のような質感ですが恐らく樹脂にコーティングをしているドリップチップでアトマイザーからの熱が唇に伝わらないようにしています。

そして、リキッドチャージはトップフロー

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

ドリップチップとともにトップパーツをねじって外すことでリキッドチャージホールが見えますね。

リキッドホールはかなり広く簡単にリキッドチャージが可能。

ここで優れているなと思ったのはeGo AIOと構造的には似ていますがリキッドチャージ時にコイルがトップパーツについていかない点。

eGo AIOではトップパーツにコイルがついており、リキッドチャージ時にコイルもハズレてしまいました。

その為側面にリキッドチャージのMAX量がわかる線が引いてありましたが、このCUBIS Pro Miniではコイルは外さなくともリキッドチャージができる点が分かりやすいですね。

しかもコイルが外れるとコイルについたリキッドが手に付着することもあるためこの仕様は大変優れていますね。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビューコイルはエアフローパーツ部分についています。この構造は良いですね。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

エアフローはAFCのリングを回し5つのホールの飽き具合で調整可能になっています。

窓の飽き具合がひと目で分かる5分割の窓になっています。

デッキパーツ(タンク)です。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

タンクは非分解。洗浄もできるので特に問題はなさそうです。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

コンタクトピンは調整不可です。

付属コイルです。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

LVC Clapton-1.5Ω と BF SS316コイル0.5Ω 2つ同梱さてれていましたのでそれぞれ見ていきましょう。

BF SS316コイル0.5Ωの詳細

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー 【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー 【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

SS316ステンレスのコイル。

リキッドホールはボトム(底)にあります。

コットンがかなり詰まっている印象で、上部は編みのようなもので蓋されています。

そしてステンレスなので温度管理対応。CUBISの標準的なコイルです。

LVC Claptonコイル 1.5Ωの詳細

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー
【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー 【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー 【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

クラプトンワイヤーを用いたプリメイドコイル。

リキッドホールはサイドで、なんとジュースコントロール搭載です。

リングを回すことでコイルへのリキッド供給量の調整ができます。

eVic-Basic Kitを使用してみる

使用してみましょう。まず使い始める前に充電しておきます。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

充電は付属のmicroUSBケーブルを使用し充電します。コンセントアダプターは付いていませんので手持ちのアダプターやパソコン等から給電します。

充電が完了したら、アトマイザーにリキッドをチャージしていきます。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

買った状態だとコイルがまだついていませんのでアトマイザーにコイルをセットします。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

コイル内のコットンが焦げてしまわないよう、使い始めはコイルにもリキッドを供給しておきます。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

そして、タンクにもリキッドをチャージ。

写真では全て外した状態でチャージしていますが通常はコイル部分がついたままチャージ可能です。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

リキッドチャージが完了したら使用できます!

eVic-Basic Kit サイズ比較

他のVAPE製品とサイズ比較してみます。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

流石にペンタイプより容積は大きいですが、背の高さが小さく横幅も変わらないことからあまり大きさの差は感じないと思います。

そして小さなBOX MOD比較としてSMOKJOY AIR50[レビュー記事]との比較でも一回り小さく感じます。

スペック比較でも

AIR50         58mm × 34mm × 22.5mm
eVIC BASIC 55mm × 32mm × 22mm

若干ですが小さいことがわかり、この極小サイズだとミリ単位でも小さいとかなり印象が違うことがわかります。

eVic-Basic Kitのまとめ:極小サイズなのにフル機能!完成度の高いスターターキット

吸ってみた感想ですが、コイルによってかなり印象変わりました。

・LVC Claptonコイル 1.5Ω

正直ダメです。立ち上がらない、美味しくない、ミストでない。コイルの個体差もあると思いますが全然味でないです。

・BF SS316コイル0.5Ω 

これはかなり良いです!リキッドによってスピットバックが多い印象ですがミスト量も十分でかなり味も出ます。トップフローとは思えないぐらいです。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

漏れ知らずでこれだけ味やミストが出れば合格と言えるでしょう。

ガラスの露出部も少ないからカバンに放り込んでおいても安心感が違います。

【スターターキッド】eVic-Basic with CUBIS Pro Mini (Joyetech ジョイテック) レビュー

自分手がでかいので超極小サイズに見えますねw

そして、MODの出来は相当気に入りました。

軽量、コンパクトで上質な仕上がりとデザイン。

バッテリー容量こそ1500mAhと心もとなく、一日ハードに使ったら持たないでしょう。

そう思えるのも完成度が高いからだといえます。初めての1台として検討するにもアトマイザーを交換してもずっと使えるMODだな、と思いますね。

温度管理もちゃんと効いている印象でそつなく使用できます。

ちゃんとつかえるからこそ、バッテリー容量がなぁと思えると思うんですよね。

でもこのMOD、全面にUSBポートがあり立てたまま充電可能。

会社のデスクにおいておいてもあまり違和感のない上品なルックスだし、充電できる環境で運用するには非常に良いキットだと思います!

良いMODに味にも満足できる漏れないアトマのスターターキッドでした。

どこで買えるの?

購入はこちらから!!

>> eVic-Basic with CUBIS Pro Mini【Joyetech】 [べプログショップ]

投稿者プロフィール

Hiro
Hiroブログ管理人
電子タバコにハマり、散財を続ける当ブログの管理人。

元々カスタマイズすることが好きなため、ガジェットとしても楽しむことができるVAPEに深くのめり込む。まだまだ初心者、日々勉強中です!
スポンサーリンク
ブログ村ランキング


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする