【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 60

有名なコットン、評判も良く以前から気になっていました。

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

Fiber Freaks COTTON BLENDです。

愛用者も多く、評判も良いので今回運用してみることにします。

Fiber Freaksはヨーロッパの深い森林から生まれたウィック材です。

天然パルプに弱酸性の過酸化水素を使用したリヨセル加工により、組織再生をさせることなく、本来の植物の組織構造を壊さずに生成された人体に無害な
オーガニックのセルロース繊維です。
製品は密封されたバッグに入れた状態で保管されています。

Fiber Freaks V2では、最適なウィック材として活用するためのさらなる改良を重ね、パッドにすることでより使いやすく焦げにも強くなりました。
またリキッドで湿ってもよれることが少なくなりました。

>>VAPE POWERより

フランス製で、上品なパッケージもいい感じですね!

今回は、密度の違うno.1とno.2両方買ってみましたので早速見てみましょう。

FiberFreaks COTTONBLEND no.1

■コットンブレンド(密度No.1)

パッケージ: 再使用可能な密閉バッグ
パッドサイズ: 50mm x 70mm (4枚入)
内容量(平均): 1~2g
密度: やや低い
保管方法: 室温、暗所

ハサミや指で適当なサイズに切ってスティック状にしてから、ややきつめにコイルに通してください。

密度No.1はアトマイザー全般に使用できるタイプです。

>>FiberFreaks V2 COTTON BLEND/コットンブレンド 01より

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

さて、開封してみます。

ハサミを使って開封すると、パッケージ上部がチャック式になっているので、パッケージを保存袋として使用できます。

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

真っ白、ではなく、淡い茶色をしています。そして独特の自然的な臭がします。

これは吸うときに匂いが残るのでは、と思ってしまいますがどうでしょうか。

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

かわりホワホワな印象です。密度が低いです。

その割にはしっかり繊維は絡んでいるらしく、ちぎると汚くなってしまうのでハサミで切ります。

FiberFreaks COTTONBLEND no.2

■コットンブレンド(密度No.2)
パッドサイズ: 50mm x 70mm (4枚入)
内容量(平均): 1~2g
密度: やや高い
保管方法: 室温、暗所
使用方法: ハサミで適当なサイズに切ってまとめてください

密度No.2はアトマイザー全般に使用できますが特にタンクにも適しています。

>>FiberFreaks V2 COTTON BLEND/コットンブレンド 02より

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

開封します。no.1とほぼ同様ですね。

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

【コットン】FiberFreaks COTTONBLEND no.1&no.2 レビュー

no.1よりしっかりしています。密度2倍ぐらいありそうなイメージです。

使ってみた

両方使用してみました。

多少匂いがあったので心配しましたが、自分は使用した限り、最初から嫌なにおい等は感じませんでした。

そして、密度の違いですが、リキッドやビルドなどによって使い分けると良いと思います。

リキッドの保持力も良く、耐久性も良く感じました。

普段、自分は一日毎にコットンを変えていましたが、これは3日程度交換えずとも平気な印象。

タンク推奨のno.2ですが、ドリッパーにて使用し、今までビルドがイマイチ決まっていなかったリキッドで試した所、かなり美味しく吸えました。

密度が高いので、タンクで、リキッドホール塞がなくてはならない場合、密度低いと漏れるタンクもありますから、そういう意味だと思います。

ウィックの供給力と、コイルの発熱、エアーの取り込み具合で、どのぐらい温度が下がるかの関係性でミストが出ますから、リキッドによってビルドによって、合うコットンは違うと思います。

選択肢の一つとして持っておくべきコットンだと感じました。

入手するには

>>FiberFreaks V2 COTTON BLEND/コットンブレンド 01 [VAPE POWER]

>>FiberFreaks V2 COTTON BLEND/コットンブレンド 02 [VAPE POWER]

投稿者プロフィール

Hiro
Hiroブログ管理人
電子タバコにハマり、散財を続ける当ブログの管理人。

元々カスタマイズすることが好きなため、ガジェットとしても楽しむことができるVAPEに深くのめり込む。まだまだ初心者、日々勉強中です!
スポンサーリンク
ブログ村ランキング


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする