電子タバコ関連のクローン製品について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 62

最近いろいろな人に、聞かれたこともあり、自分のスタンスを記事にしておこうと思います。

「Hiroさんは、クローン肯定派?否定派?」

電子タバコ関連のクローン製品について

正直な話、回答に困ります…

肯定も否定もできないのです。

立場ははっきりさせておきたいと思い、記事にしておこうと思います。

Hiroはクローン製品は購入しません!!

それは、オリジナルがかっこいい!とか、クローン製品の出来は、

とかではなく、きちんとした理由がありますので、詳しく書いていこうと思います。

クローン製品って?

電子タバコ、VAPE製品の中にはクローン製品というものがあります。

クローン製品と言うのは何か?

要は元になる製品があり、その製品のコピー商品(Clone 模倣製品)と言うものです。

対して、オリジナルの方の製品をオーセンティック(Authentic)と言います。

当然、日本ではこれらを制限する法律があります。

実用新案、特許、商標、意匠権などですね。

大手のブランド製品は、これらの保護を受けるために、国際的に権利を取得して、法の保護のもとに商売を展開しているわけです。

しかし、この権利を取得するには、当然お金がかかります。

日本国内で取得および維持するだけでも、相当な金額です。

その為、自分の仕事しているアパレル関係でも、意匠を取得するのは稀です。

クローン製品は合法?

つまりは、法的に保護されていないものは、コピー商品を製造、販売しても何ら問題ないのです。

しかし、”人として”どうなんだろうと思います。

すごくいいアイディアがあったとします。そのアイディアを形にして、試行錯誤し、サンプルを何機も作り、トライアンドエラーを繰り返して製品にする。

それを製造するために、初期投資したり、取引先を探したり、手間もかかる。

しかし、それは商売ベースで、権利を取得すると、ユーザーに提供できる値段では販売できないものであったりします。

その努力を法的に問題ないとはいえ、安直にパクり、それを商売としてコピー品として販売する。

要は盗用です。クローン製品の利益は、オリジナル製造者に一切入りません。

僕はそんな製品は購入したくないです!!

無論、法的に問題ないのですから、製造業者、販売業者および購入者をとやかくいうつもりはありません。

でも、僕は購入したくないです。

優れた製品を生み出す人を応援したい

そういった人道的な部分の他にも、優れた製品にちゃんとお金が落ちるようにしないと、次の製品が生まれません。

優れたアイディア、知識、加工技術、バックボーンがある人がお金を手にする。

それはつまり、次の製品が生まれるかもという可能性になります。

音楽だって、好きなアーティストを応援する意味でも、音源を購入したりしますよね?

そのアーティストが、食いっぱくれたら次の作品は生まれないわけです。

だから応援する意味でも、オリジナル(オーセンティック製品)を購入したい、と僕は思っています。

最後に

僕はそもそも、クローン製品はアリか?ナシか?

議論する自体、間違っていると思います。

違法じゃないけど不適切

これに尽きると思います。

違法でないのですから、否定はしません。

でも、大手を振って、クローンの何が悪い!?という考えは

「かっこわるいなぁ」

と思いますね。

人道的に悪いものは悪いとわかった上で、隠れてコソコソ使うものだと思います。

本当はオーセンティック製品買うべきだと思いますけど、人それぞれ諸事情ありますから、否定はできません。

だから、堂々とインターネット、SNSとかで

「クローンだけどねw」

「クローン買ったぜ!」

とか言わないほうがかっこいいと僕は思いますよー

投稿者プロフィール

Hiro
Hiroブログ管理人
電子タバコにハマり、散財を続ける当ブログの管理人。

元々カスタマイズすることが好きなため、ガジェットとしても楽しむことができるVAPEに深くのめり込む。まだまだ初心者、日々勉強中です!
スポンサーリンク
ブログ村ランキング


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする