【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 65

TargetなどをリリースしているVaporessoの新作クリアロマイザー

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

「Estoc Tank Mega」です。

何やら革新的なコイル、EUSコイルを使用しているとのこと。

ECUとはEco Universal Coil(エコ ユニバーサル コイル)の事らしいです。

そのコイルとはどんなものなのか?美味しいのか?早速見ていきましょう。

今回の商品は中国の電子たばこ専門通販サイト、HEAVEN GIFTSさんさんから提供いただきました。

Estoc Tank Megaのパッケージ、開封

さて、パッケージデザインです。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー 【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

こんな感じです。これはタンスのようなスライド式なので、黒い紐のようなものを引っ張って内容物を取り出します。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

内容物はこんな感じです。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

付属品です。

・Estoc Tank Megaクリアロマイザー本体
・予備ガラスタンク
・0.5ohm EUC セラミックコイル(本体組み込み済)
・0.4ohm EUC クラプトンコイル
・予備パッキン
・トップシリコンカバー×2

Estoc Tank Megaの詳細

本体を詳しく見ていきましょう。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

スタンダードなスタイルです。

特に特徴もなく… いえ、定番の形ということです(笑)

スペックです。

容量 4ml
直径 22mm
全長 39.5mm
本体部のみ DT,510スレット含まず
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510
コイル プリメイド交換式
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアーフロー
素材 ステンレス、ガラス
Black , Silver

4mlとそこそこの容量の割には背の高さはミドルサイズ。MEGAという名前は容量のことを指し、容量の割にはコンパクトな設計だといえるでしょう。

例のごとく、早速分解していきます。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー 【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

このようなパーツ構成です。ここからの分解は不可になっています。

さて、上部パーツから詳しく見ていきましょう。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー 【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

ドリップチップは樹脂製。

エンド部は11mmとワイドボアになっています。

作りは、正直悪いですね。「どうせ交換するんだからとりあえずで付けておいたぜ!」と言わんばかりのドリップチップです。

さて、リキッドチャージはトップフィルです。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

トップパーツのスレットを回して外し、リキッドチャージします。

そして、このタンク部分は

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

デッキとは完全別体です。

クリアロマイザーがトップフィル方式になってから、多くのアトマイザーがコイルでタンクを支持する方式になりました。

このアトマイザーはそうではなく、タンクはタンクで外すことが出来ます。

この方式のメリットは、タンクにリキッドが残っていてもコイル交換可能な点。

リキチャしてすぐにコイル交換したくなっても交換することが出来ます。

対してデメリットはパーツ点数が増える点。単純にタンクを支持するパーツが増えます。

これはコスト的な部分なのでユーザーというよりメーカー側のデメリットとなります。

そしてコイルは2種類付属します。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

・0.5ohm EUC セラミックコイル(本体組み込み済)
・0.4ohm EUC クラプトンコイル

セラミックコイルとなっていますが、

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

表にSS316と書いてあり、ステンレスのコイルが入っているように見えます。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

セラミックコイルってセラミック自体が線の代わりになっているのかと思いました。

セラミック=焼き物的なイメージなので

セラミックスまたはセラミック(英語: Ceramic)とは、狭義には陶磁器を指すが、広義では窯業製品の総称として用いられ、無機物を焼き固めた焼結体を指す。金属や非金属を問わず、シリコンのような半導体や、炭化物、窒化物、ホウ化物などの無機化合物の成形体、粉末、膜など無機固体材料の総称として用いられている。原材料は複数の場合もある。

主に粉末状をとり、そのままでは形を成しにくい材料、たとえば酸化アルミニウムの焼結体はセラミックスである。しかし一般的に純金属や合金の単体では「焼結体」とならないためセラミックスとは呼ばれない。

Wikipediaより

気になったのでばらしてみます。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

ばらしたのは0.4ohm EUC クラプトンコイルの方。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

パーツはこのような構成です。

ワイヤーは引き抜く際に破断してしまいました。一部がクラプトンになっているコイルです。

これがウィック

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

これがセラミックということらしいです。見た目織り物的なものにしか見えません。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

引きちぎってみましたが、織り物です。近いと感じるウィックだとNINJA COTTONが近いと感じます。

違うのは、肌触りがものすご~くスベスベだということ。

これがセラミックのみで構成されたものなのか、コットンの中にセラミックが織り込まれているのか。

セラミックは燃焼しないのでライターで炙ってみることにします。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

普通に燃えました…

どういうことなんだ。不明です。詳しい方の情報を求む!

追記

クラプトンコイルのウィックは通常のコットンでは?というご指摘をいただきました。

たしかに写真を見ても、内部の色や質感が違いますね。

0.5のコイルも後ほどばらして再度追記いたしますのでお待ち下さい。

その後0.5のコイルも分解してみました、

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

コイルは外してしまいましたが、コイルの周りにはセラミックが配置されていることが確認できました。コイルとの当たり面は全てセラミックですのでかなり寿命は長いと思います。

セラミックパーツを取り出そうとしたのですが、圧入?に近い状態で、取り出すことは出来ず、ペンチで掴んだ部分が割れてしまいました。

さて、デッキも見ていきましょう。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

中央にコイルへのコンタクトがあります。

コイルによってはこの部分もコイルと一体化しているので、この部分をデッキと一体化することにより、交換コイルに使う資源の量を低減できるというわけです。

この部分にはネジスレットはなく、コイルの固定はタンクとこの部分で挟むことで固定されています。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

エアフローはリング式で無段階調整可能で、ホールはスタンダードに2箇所左右対称に配置されています。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

コンタクトピンは金メッキ仕様で、調整は不可です。

Estoc Tank Megaを使ってみる

さて、使用してみましょう。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

先ずはコイルにリキッドを垂らしておきます。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

これはリキッドが染み込む前に使い始め、ウィックを焦がさないためです。

ウィックが焦げてしまうと、そのコイルごと交換する羽目になってしまいます。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

タンクにもリキッドをチャージします。

以上で準備は完了です。

そして、このタンクのメリット

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー 【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

トップフィルでありながらタンクにリキッドが残っていてもコイル交換可能です。

ただし、ジュースホールよりリキッドがなみなみと入っているとジュースホールからチムニーへリキッドが漏れ出してしまうのでここは注意です。

そして、付属品に

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

シリコン製トップキャップが入っているので、トップパーツの熱が気になる場合は取り付けましょう。

このクリアロのカラーラインナップはシルバーとブラックなのに、何故赤と灰色なんだ…

灰色と黒ならわかるけど、赤はどこから。

Estoc Tank Megaのまとめ

吸ってみます。クラプトンコイルはバラしてしまったので0.5Ωコイルで使ってみます。

味出ますね。美味しい。

確かに言われてみればクリアな味がする感じあります。

そして、ミストは結構シルキーできめ細かい印象。ミスト量は多い印象です。

これ美味しいぞ。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

数日入れっぱなしでも過剰供給でボトムからじわ漏れすることもなく、ハイワットでガンガン焚いても供給不足になる印象もありません。

【アトマイザー】Estoc Tank Mega「エストックタンク・メガ」 (Vaporesso) レビュー

デメリットが有るとすれば、コイルの抵抗値が低いため、ワッテージを掛けなければならずMODのバッテリーの持ちが心配になるぐらいでしょうか。

自分は0.5Ωのコイル(実測0.42Ω)に33.0W(3.72V)で吸っています。

それ以外は特にデメリットを感じません。

もちろんリキッドの相性もあると思います。メンソールなどさっぱり系が合うと思いました。

暫くクリアロマイザーはこれを使用してみたいと思います!

Estoc Tank Megaはどこで買えるの?

購入はこちらから!!

→ Vaporesso Estoc Tank Mega With EUC Coil , Black  [Heaven Gifts]

色違いのシルバーもラインナップされています。

→ Vaporesso Estoc Tank Mega With EUC Coil , Silver  [Heaven Gifts]

交換コイル

10pcs Vaporesso Traditional EUC Clapton  [Heaven Gifts]

→ 10pcs Vaporesso Ceramic EUC  [Heaven Gifts]

クーポンコードACIRCUIT15でさらに15%オフになります!! ※一部セール価格品除く

投稿者プロフィール

Hiro
Hiroブログ管理人
電子タバコにハマり、散財を続ける当ブログの管理人。

元々カスタマイズすることが好きなため、ガジェットとしても楽しむことができるVAPEに深くのめり込む。まだまだ初心者、日々勉強中です!
スポンサーリンク
ブログ村ランキング


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする