【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 16

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

Kangertechからクリアロマイザーながらリウィッキング(コットン交換)対応のクリアロマイザーがリリースされました。

Juppi Tank です。

通常クリアロマイザーはプリメイドコイルと呼ばれる、カートリッジ式のコイルを交換するお手軽さが売りでしたが、この場合、コットンのほうが消耗が激しく、プリメイドコイル内の金属コイルはまだまだ使えてもアッセンブリーで交換しなくてはなりませんでした。

この製品はプリメイドコイルのお手軽さと、コットンだけ交換できるコストパフォーマンスを両立する製品としてリリースされましたが果たして実力は如何に?

商品提供:Health cabin

Juppi Tankのパッケージ、開封

パッケージデザインです。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

黒を基調にし、ロゴは箔押しを用いたデザインです。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー 【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

開封します。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー 【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

付属品は

・Juppi Tankクリアロマイザー本体
・予備パッキン一式
・説明書(英語)

以上の必要最低限のパッケージングになっています。

Juppi Tankの詳細

製品の詳細を見てみましょう。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

デザイン的には変哲のないクリアロマイザーです。

ドリップチップ部分がコーンドリップチップデザインとなっており、コイル抵抗値の0.2Ωも相まって、爆煙系のクリアロマイザーを彷彿とさせます。

コイル部分のコットンがコイルから飛び出しているのが、リウィッキング対応コイルだとわかります。

スペックです。

Kangertech Juppi Tank のスペック

容量 3ml
直径 22mm
全長 44mm
本体部のみ 510スレッド含まず
ネジタイプ 510
ドリップチップ 510
コイル プリメイド交換式
リキッドチャージ トップフィル
エアフロー ボトムエアーフロー 調整不可
素材 ステンレス、ガラス
Silver,Black,White

・カンタルノッチコイルはリウィッキング可能

さて、早速分解していきましょう。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー 【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

パーツ数はかなり少なめの総数4パーツ。初心者の方も分解組み立てが簡単で良いのではないでしょうか。

さて、上部のパーツから順番に詳しく見ていこうと思います。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

トップパーツはドリップチップも一体化したこーんコーンドリップチップデザインを採用。上部は510サイズではないため、汎用品のドリップチップを取り付けることは出来ません。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

トップパーツの裏面はシリコンOリングでシーリングされており、リキッド漏れを防いでいます。

パーツ数が少ないので早速このアトマイザーの売りであるコイルを見ていきましょう。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

かなりコットンが露出したプリペイドコイルです。ここままではわかりにくいので分解していきます。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

大まかに分解すると、外側のスリーブと、中のコイルに分解されます。コイルにはコットンが巻いてありますね。このコットンを交換することができます。

さて、コットンを剥がしていきましょう。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

コットンの中にはノッチコイルが入っています。

コットンは中々の量が使われています。コットン交換にはそれなりの量のコットンを用意する必要がありますね。

包んでスリーブに入れるだけの簡単仕様なんですが、入れる際にコットンがスリーブに干かかってめくれてしまい、なれないとうまく入れられません。

基本的にはノッチコイルになっている部分だけ覆えば過剰供給で漏れることもないと思いますのでそのへんはコツを掴むことが大切かと思います。

さて、コイル本体を見ていきましょう。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

コイル抵抗値は実測で0.26Ωでした。

コイル本体は筒状になっていて、この写真の左上の出っ張っている所がスリーブと触れることで、マイナス極側として機能します。

4点で触れているとは言え、接触不良がちょっと怖い仕様ですね。

中央部はノッチコイルになっていますね。有効面積はパーツ全体の1/4程でしょうか。

右側がスリーブパーツの下に貫通するようになっており、プラス極側に直接触れるようになっています。

このような仕様だと、途中でスリーブの壁面に触れると短絡してしまいますが、

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

スリーブの内側にはOリングが持ちられていてスリーブの壁面とコイルが触れるのを防いでいます。

そしてデッキパーツです。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

このような形状になっていて、中央部の突起がポジティブ(プラス極側)になっていて、ノッチコイルに直接触れるようになっています。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

ポジティブピンは調整不可。

そして、エアフローも調整不可です。

kangaetechのアトマイザーはエアフロー調整出来ないものが多い印象ですが、コストカットが目的ですよね。1パーツ増やすだけなんだから、調整可能にしてほしいものです。

Juppi Tankを使ってみる

早速使っていきましょう。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

使用を開始する場合はまずトップパーツをネジって外し、タンクとコイルにリキッドを供給する準備をしておきます。

トップパーツを外したら

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

タンクにリキッドを注いでいきます。クリアロマイザーの場合、プリペイドコイルにぎっちりコットンが詰まっているものが大半なので、焦げ防止にコイルにもリキッドを供給しておきますが、このアトマイザーの場合、コイルが大きく露出しているのでタンクにリキッドを注げば自然とコットンにリキッドが供給されます。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

リキッドをタンクに注いだら、トップキャップを元通り締めて、コットンにリキッドが染み込むまで暫く待てば使用準備は完了です。

後はMODに搭載して使用することが出来ます。

Juppi Tankを暫く使ってみてのコットン交換

コットンが交換できるリウィッキング仕様だとしても、コットン交換の際に気になるのはガンクの発生。

ガンクが発生した祭、ノッチコイルのドライバーンはできるのか?

ガンクが発生しやすいリキッドをガンガン焚いて運用してみました。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

コットン詰めずに空焚きは出来ますがスリーブがあるためピンセットでこすったりは出来ません。

しかし、ドライバーンでガンクを飛ばすことは出来ました。

そして、コイルを分解すれば水洗いなども出来ますので運用は割と楽だと思います。

Juppi Tankのまとめ

まずは吊るしの状態で使ってみます。

実測0.26Ωのコイルだったので、3.7Vちょっと、42Wで吸ってみます。

ちょっと味飛んでますね。ワッテージかけ過ぎな印象。

ちょっと下げて34Wで吸ってみます。

あー中々味出てますね、結構濃いです。濃い上に甘みもかなり感じます。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

コットンを変えればもうちっと行けそうな感じがします。

【アトマイザー】Juppi Tank (Kangertech カンガーテック) レビュー

自分のお気に入りのFiberFreaksを使用してみます。

吊るしのコットンより味出ますね!

ドローはかなり軽めで出来なくもないけれど、口吸いには向きません。

かといってスッカスカでもないいい塩梅(悪くいえば中途半端)なドロー。

AFCは必要だと思う。

味がなかなか良いだけに、ドリップチップが汎用品を使えるようになるのと、AFCを装備してないのが悔やまれます。

リウィッキングできるメリットは、コスパもそうですが、自分の好みのウィックを使用できる事も大きいと思います。

ノッチコイルの寿命が来たら、アッセンブリー交換で若干コイルの値段が高いのが引っかかるポイントではあるけれども、ウィック交換できるメリットはなかなか良いと思います。

ブログ村ランキング



↓ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
スポンサーリンク


スポンサーリンク